動画マーケティングの効果がさかんに取り上げられ、多くのマーケッターが期待に胸を膨らませている一方で、一体どこから動画マーケティングを始めるべきなのか、頭を悩ませているマーケッターも多いかもしれません。

しかし迷う必要はありません。まずは貴方の会社の主役である、商品やサービスを紹介する動画の可能性を考えることから始めてみると良いでしょう。決して凝った演出やお金をかけた表現が必要なわけではありません。

今回紹介する動画は、ナレーションすらない、わずか12秒の動画。極めてシンプルですが、この動画を見た消費者の納得感は想像に難くありません。仕事柄、多くの商品紹介動画を見ている筆者も、これだけ短い尺数で効果のある動画をあまり見たことがありません。

勝因は、利用シーンにフォーカスしたことにあるのではないかと考えます。実際に商品を利用しているイメージがすぐに想起できます。掃除しているシーンはもちろんのこと、掃除道具が、壁に向かって簡単に収納できる描写は、強い納得感を与えてくれ、「便利かも!」という強い感情を呼び起こします。短い映像ですが、写真やイラスト、コピーワークよりも、奥行きを表現できる映像媒体は、リアルで、圧倒的です。

商品紹介ページにこの動画を掲載すれば、購入するべきか検討中の訪問者や興味をもって訪れた訪問者の、背中をぐっと押してくれることになるでしょう。その効果は、コンバージョン数へと跳ね上がるはずです。

至極単純な構成でも充分に効果的なコンテンツになることを示してくれる好例ではないでしょうか。難しいと思われがちな動画制作も、ぐっと身近に感じられてきます。動画マーケティングを始めるに際し、まずは商品の利用シーンにフォーカスした映像から検討してみるのも良いかもしれません。

この記事が、みなさまの動画マーケティングのお役に立てればと願っています。

コメントなし

返事を書く